Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを完全解説!他の配送サービスとの違いも!

最近はレストランの食事を自宅まで届けてもらう宅食サービスが人気を集めています。

以前は出前を頼めるお店といえばお蕎麦屋さんやラーメン屋さんが一般的でしたが、近年は多くのファストフード店がデリバリーに対応するほか、隠れ家的なレストランも次々にデリバリーを開始しています。

街を歩いていると配達中の原付バイクや自転車を見かけない日はありません。

そんな宅食の中でも特に話題になっているサービスがUber Eats(ウーバーイーツ)です。Uber Eatsはタクシーの配車サービスで大きな話題を呼んだUber社が手がける食事のデリバリーサービスです。

Uber社は2016年夏から日本でのサービスを開始し、都心を中心にサービスエリアを拡大してきました。

従来型のデリバリーサービスでは特定のお店に電話をして注文することが多かったと思います。

Uber Eatsなら、Webサイトやアプリを通して配達エリア内に位置する様々なレストランからメニューを選ぶことが出来ます。数多くのレストランの料理を選んで注文できる画期的なデリバリーサービスです。

代金を値引きするプロモーションコードやキャンペーンが提供されたり、混雑状況により配達にかかる料金や配達されるまでの待ち時間が変動したりと、ちょっとしたゲーム感覚でサービスを楽しめるのも特徴の一つです。

最近よく聞くし面白そうだから使ってみたいけれど、新しいサービスだからよくわからない。注文の手順に時間がかかるのではないか。などと躊躇している方もいるのではないでしょうか?

この記事では、Uber Eatsのサービスがどのようなものか、また、類似のデリバリーサービスとの違いについて解説します。この記事を通して、気軽に使えるサービスであることを知って頂ければ嬉しいです。

Uber Eatsの仕組み

Uber Eatsには数多くのレストランが掲載されています。利用者はWebサイトにアクセス、またはアプリを開いて料理を検索します。レストラン名や料理のカテゴリなど色々な方法で料理を検索することができます。

注文する料理を決めたらクリックまたはタップでカートに追加。注文内容の確認画面で配達にかかる時間の目安を確認します。手順に従い進めれば注文完了です。

支払い方法は登録したクレジットカードになります。決算が完了して配送されたらチャイムが鳴り、注文した商品を配達パートナーが料理を手渡ししてくれます。

利用の流れは、以下の通りです。

1.利用者が料理を注文する
2.レストランが注文を受け付けて、調理を開始する
3.配達パートナーがレストランに向かい、料理をピックアップする
4.配達パートナーがお客様の元へ向かい、料理をお届けする

待ち時間に関して

配達時間の目安は、2.の調理時間と3.の配達時間により算出されます。

まれに3.のタイミングでレストランの近くに配達パートナーがいない場合、あるいは道路状況などにより3.4.に通常より時間がかかる場合には、目安よりも時間がかかる場合があります。こればかりは運になります。

また、こちらもまれなケースになりますが、3.で配達パートナーが二注文分の料理を受け取る場合があります。

4.の手順が二つ発生するわけです。この場合は、二件目のお客様は一件目のお届け完了後のお届けになるため、通常より長い時間がかかります。

私が確認したうち、最も配達時間に影響が見られたのは悪天候でした。

突然やってきた台風の影響で夕食の時間帯に暴風が発生し、自転車やバイクでの配達が困難になったことがありました。その際は、平常時の2~3倍の時間になっていました。

もちろん、遅くなるばかりではなく、反対に無茶苦茶早く届いて驚いた!という話もよく聞くところです。表示時間より早いか遅いか?とゲーム感覚で待つというのも、楽しいかもしれません。

配達料金に関して

Uber Eatsの配達料金は一律380円(税込)とされています。この料金はいくつかの要素で変動します。Uber Eatsのチラシを見ると、以下のように書かれています。

「混雑時は信頼性を確保するために通常より高い配送手数料をお支払いいただく可能性があります。」

例えば、お昼時や夕食のピーク時間であったり、地域でイベントが開催され、デリバリーが盛況であったりと、混雑の要因は色々と考えられます。

もう一つ、配達料金を左右する要素としてプロモーションコードがあります。チラシなどで見かけたことがあるかもしれません。

注文の際にプロモーションコードを入力すると特典が適用されます。

特典の一例として、「今月中は配達料金が無料!」など、太っ腹な内容になっています。プロモーションコードは、Uber Eatsのチラシなどに載っている場合があるのでチェックしてみてください。

Uber Eatsの利用方法

大体の仕組みを説明してきましたが実際に使ってみたいと思いましたか?早速使ってみたい方のために、Uber Eatsの使い方を簡単に紹介しておきます

インターネット接続環境と有効な電話番号、有効な住所があれば数分で使えるようになります。

詳しい使い方は、また別の記事で紹介しているので、この記事では概要だけ簡単に紹介していききます。

1. Webサイトからアカウント作成
2. 注文操作
3. 配達状況を見守る(任意)
4. 利用後の操作(任意)

Webサイトからアカウント作成

まず、Uber EatsのWebサイト(下記)にアクセスして、利用者のアカウントを作成します。本人確認のためSMSを受信できる電話番号と、料理を受け取るための住所が必要です。

公式アプリ(下記)をインストールして、アプリからアカウントを作成することも出来ます。iPhone、Android共に対応しています。

注意点として初めて来た人にも配達先を特定できるよう、住所を正確に入力することをお勧めします。

配達パートナーは固定エリアで配達を行っていないため土地勘が無い場合があります。配達パートナーが建物を特定できずうろうろしていると、配達時間が長くなってしまうこともあるでしょう。

注文操作

アカウントを作成したら料理を検索しましょう。配達に対応するエリア内のお店を検索してメニューを選ぶことも出来ますし、料理のカテゴリ(和食、エスニック、ステーキ、サラダなど)から検索することも出来ます。

検索画面では、お店ごとに配達時間の目安が表示されています。この時間はあくまで目安であり、前述したとおり変動します。

たくさんある美味しそうな料理の写真を眺めているとワクワクすると同時に迷ってしまいますね!

冒頭で触れたプロモーションコードを入手している場合、注文操作中に入力することが出来ます。配達料が無料になったり、料理代金から値引きされたりする魅力的な要素です。

飲食店に置かれたチラシなどに載っていることがあるので探してみてくださいね。

配達状況を見守る

注文完了するとUber Eatsのアプリ上で配達状況を確認することが出来ます。

アプリの画面ではレストランから自宅までのマップを配達パートナーのアイコンが移動している様子を見ることができます。この機能も画期的で面白く、時間に余裕があるときには配達パートナーさんを応援しつつ見守っています。

もちろん、アプリを閉じてチャイムが鳴るまで他のことをしていても大丈夫です。

この画面を見ただけで、すごく面白そうだと思いませんか?

実際には自宅までの全体マップが表示され、カウントダウンされていく目安時間と配達パートナーさんの名前と顔のアイコンを確認できます。

利用後の操作

まもなく、注文したお料理が配達パートナーさんの手で届けられます。無事お料理を受け取ったら配達を評価してあげましょう。

評価はお料理の品質と配達パートナーさんの対応の2点です。

この操作は任意であり必須ではないのですがサービス向上のために協力してあげるといいと思います。

他のサービスとの違い

ここまでUber Eatsの特徴について書きました。しかし、他にも似たサービスはあるのでは?と考える方もいるでしょう。

Uber Eatsに似たサービスとして「出前館」があります。

出前館はUber Eatsと同じように特定のお店に対して注文するのではなく、登録されている複数のお店のメニューを注文できるデリバリーサービスです。

出前館は現状、日本最大級のサービスですし同様のサービスを行っているので両サービスを比較して違うところや特徴、大体の仕組みを解説したいと思います。

サービス全般

出前館のサイトでカテゴリを見ていると、「和食」「洋食」「中華」・・・と並んで「パソコントラブル」「ハウスクリーニング」などのカテゴリがあることに気付きます。

Uber Eatsは食事のデリバリー専門ですが、出前館は生活全般のデリバリーを提供しています。

また、Uber Eatsはレストランのみ対応していますが出前館は酒屋なども登録されており、多彩な使い方が出来そうです。

類似点としては、双方ともアプリから簡単に注文できる点や変動する配達時間を確認しながら注文できる点があります。

対応エリア

Uber Eatsは都市部の限定されたエリアのみでサービスを提供しています。全国展開しているフランチャイズのお店であっても、エリア外では注文できません。

一方、出前館は全国的にサービスを展開しています。

都市部にお住まいでなければ現時点では出前館一択になることは間違いないでしょう。

レストラン

注文可能なレストランの傾向をざっと見てみました。

Uber Eatsの場合デリバリーには対応していなかった個人経営のレストランを見つけることが出来ます。都会には個人経営の美味しい店も数多くあるのでそのような店と出会えるのは大きなメリットですね。

一方、出前館は有名どころのフランチャイズ店が大部分を占めており個人経営のレストランは少数派です。

新たなお店との出会いを求めるならUber Eats、膨大な店舗数を誇るフランチャイズから選択するなら出前館が使いやすいのではないでしょうか。

決済方法とポイント

決済方法の柔軟性では出前館が優れていると言えそうです。

Uber Eatsが対応する決済方法はクレジットカード決済(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)のみです。

一方、出前館はクレジットカード決済(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)のほか、amazon pay、Apple pay、LINE Pay、auかんたん決済/au WALLET、ソフトバンク決済など、多くの決済方法に対応しています。

また、Tポイントが貯まるためTポイントを重視する方にはうれしいサービスです。

二つのサービスをいくつかの点で比較してみましたが、両方とも手軽に使えるサービスなので、まずは試してみてから、使い分けるようにしてもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか。この記事では、Uber Eatsの仕組みやサービス概要や特徴、他サービスとの違いをご説明しました。早速使ってみたいと思って頂けたら幸いです。

私は天気やエリアにより配達時間が変動したりと、不確定要素があるところがUber Eatsの面白いところだと思っています。私が利用した分には目安時間より短時間で料理が届くことが多かったです。

Uber Eatsで経験できることのひとつとしてお店との出会いがあります。

私も近所にある隠れた人気店を見つけることが出来ました。デリバリーで美味しかったから今度はお店に行ってみようと思います。デリバリーでありながら行動範囲を広げてくれるサービスですから是非体験して感想をシェアできればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です