ゼロから解説!Uber Eats配達パートナー登録までの流れと登録時の注意点

私はUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをして副収入を稼いでいます。Uber Eatsは、飲食店の料理を個人のお客様に届けるサービスです。

日本では2016年からサービスを開始して、都市部を中心にサービス提供エリアを拡大しています。

配達パートナーの仕事を意識したことが無い方でも、料理を届けてもらう側としてUber Eatsを利用したことがあるかもしれません。

実際に料理を届けてもらうと、配達パートナーは制服を着ることもなく思い思いの服装であることに気付くと思います。

Uber Eatsの配達パートナーは一般的なアルバイトのように雇用契約をしている訳ではなく、業務委託として個人で働いているのです。働く時間も、服装も個人の裁量に任されています。

この自由度の高さから、主に副業として幅広い層の人気を集めています。

業務委託と書くと、仕事を始めるまでに難しい手続きがあるのでは?と考えるかもしれません。

ところが、配達パートナーには誰でも(余程、特別な事情が無い限り)登録出来るのです。実際に私もやると決めてからたったの二日で配達パートナーの仕事を始めることが出来ました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録はとても簡単

仕事を始めたきっかけは、街を歩いていて配達パートナーをよく見かけるようになったことです。配達している人を頻繁に見かけるけど私でも始められるのかな?と思い調べてみると、特別な条件は無く登録出来そうだったので早速登録してみることにしました。

すると本当に簡単に登録できてしまいました。

即日アカウントを作成して翌日にはパートナーセンターでバッグを受け取り、配達準備完了となりました。

一般的なアルバイトのように履歴書を書く必要も無く、シンプルな手続きで登録を完了できます。

とはいえ、パートナー登録を考えている場合、事前に大体の流れは知っておきたいですよね。

この記事では、私が登録した際の様子にも触れ、登録までの手順をご紹介します。手続きが難しそう、面倒そうだと考えている方でもやってみようと思って頂けたなら幸いです。

配達パートナーの登録手順

配達パートナーの登録手順は、大きく二つあります。一つ目は、Webサイト上での準備。二つ目は、各地のサポートセンターでの手続きです。

1. Webサイトで行うこと
1-1. 公式サイトでアカウントを作成する
1-2. 必要書類を提出する

2. サポートセンターで行うこと
2-1. 動画でレクチャーを受ける
2-2. 配達用アプリのインストール
2-3. 配達用バッグを受け取る

一般的なアルバイト契約のように書類選考や面接を意識することはありません。

Webサイトから必要事項を入力して必要書類を提出したらサポートセンターで説明を聞き、配達用バッグを受け取ります。

次項から、Webサイトで行うこと、サポートセンターで行うことをそれぞれ説明します。

Webサイトで行うこと

Webサイトで行うことは以下の通りです。

1-1. 公式サイトでアカウントを作成する
1-2. 必要書類を提出する

ということでまずは公式サイトでアカウントを作成するために、Uber Eats 配達パートナープログラム登録にアクセスしましょう!公式サイトには下のボタンから移動することができます!

公式サイトでアカウントを作成する

配達パートナーの登録用サイト(下記)にアクセスし、配達パートナーのアカウントを作成します。PCからでもスマホからでもアクセス可能です。

Uber Eats 配達パートナー
https://www.uber.com/ja-JP/drive/delivery/

「今すぐ登録する」をクリックして、登録画面に進みます。

最初にメールアドレスを入力します。なるべく、頻繁にメールチェック出来るアドレスを入力することをオススメします。

週ごとに送られてくる収支報告のほか、収益アップに繋がるキャンペーンやイベントなどの通知もこのアドレス宛てに送信されます。

メールアドレスを入力したら、「次へ」をクリックします。

ここでは基本情報を入力します。各項目について説明します。

・メールアドレス
前の画面で入力したアドレスが引き継がれるため入力不要です。

・名(ローマ字)、姓(ローマ字)
後の手順で提出する本人確認書類と整合性が取れるよう、正しく入力します。

・電話
有効な電話番号を入力します。
Uber Eatsのシステム上、SMS認証を使用する場合があるため、SMSをすぐにチェック出来る端末の電話番号を入力してください。
この登録手順の途中でも認証が必要になる可能性があります。その際は携帯端末に届いた4桁の認証コードを適宜使用して進めてください。
また、配達中にもSMSでメッセージをやり取りする可能性があるため、長期的に有効な電話番号を入力してください。

・パスワード
任意のパスワードを入力します。パートナー向けサイトへのログインや、配達用アプリへのログインに利用します。

・都市
Tokyo、Osaka、Yokohamaなどのキーワードを入力すると入力候補が表示されます。
例えば、”tokyo” と入力すると “Tōkyō, 日本”、”Minato-ku, 東京都 日本”、”Shinjuku-ku, 東京都 日本” などの候補が表示されます。ご自分が最も多く配達するであろうエリアの入力候補を選択してください。

・招待コード(任意)
既に配達パートナーになっている人から招待コードを入手した場合は、この欄に入力します。

全て入力したら、「次へ」をクリックしてWebからの登録を完了させます。登録したメールアドレス宛てに、登録完了の通知が送信されます。

必要書類を提出する

アカウントを作成した後、必要書類を提出します。提出は後からでも大丈夫なので慌てる必要はありません。以下のように書類の提出を案内するメールが送られてきますので、そちらから進んでも構いません。

登録に必要な書類は以下の通りです。いずれも、紙やPDFを用意する必要は無く、スマートフォンなどで証明書類を撮影した画像を提出すればOKです。

a. 身分証明書
公的機関が発行する有効期限内の顔写真付き身分証明書(おもて面)の写真を提出します。
パスポート、運転免許証、マイナンバーカードなどが使えます。

b. プロフィール写真
無帽で正面を向き、顔全体と肩口が写っている写真を提出します。サングラスやマスクはNGですが、歯を見せて笑っていてもOKです。
この写真は店舗やお客様が配達パートナーを特定するためのものであり、セキュリティ対策の一環でもあります。あまりに古い写真や、印象の異なる写真は避けるべきでしょう。
なお、登録後に写真を更新することも出来るのでご安心ください。

原付バイクを使用する場合は、追加で以下の書類の写真も必要になります。

c. 運転免許証
d. 自賠責保険証
e. ナンバープレートの写真

125cc超のバイクなどを使用する場合は、車検証や保険の証明書が必要になります。その他、外国籍の方向けなど下記に詳しく説明されています。

(参考)Uber Eats 配達パートナーの必要書類について
https://www.uber.com/ja-JP/drive/resources/documents-eats/

全ての書類を提出して承認されると、書類を承認した旨とサポートセンターへの訪問を案内するメールが送られてきます。

メールからサイトにアクセスすると近くのサポートセンターへの道順などを確認できます。

サポートセンターで行うこと

最寄のサポートセンターで正式登録をして配達用バッグを受け取ります。訪問に際し、予約の必要はありません。

サポートセンターの営業時間内に余裕を持って訪れるようにします。所要時間は混み具合により30分~1時間程度と言われます。日曜の18時頃訪問した際は一時間弱で終わりました。

持ち物は、以下の通りです。

・顔写真付きの身分証明書
Web登録の際に使用した証明書を用意すればスムーズです。

・スマートフォン
配達用アプリをインストールしてセットアップします。円滑に進めるため、バッテリー残量に余裕を持たせてください。

・キャッシュカード
報酬が振り込まれる銀行口座を登録します。口座番号、金融機関コード、支店コードがわかるようにしておくとより安心です。

サポートセンターで行うことは以下の通りです。

サポートセンターの混み具合やスタッフさん達の状況により手順が前後する場合がありますが、柔軟に進めていくことになります。

2-1. 動画でレクチャーを受ける
2-2. 配達用アプリのインストール
2-3. 配達用バッグを受け取る

動画でレクチャーを受ける

サポートセンターで受け付けを済ませるとタブレット端末を渡されます。

端末の画面にはいくつかの動画が表示されていて、順に再生していくと一通りのレクチャーを受けたことになります。私が受けた際は全部で10分ほどになると聞きました。

内容はUber Eatsのサービス概要や配達パートナーとしての仕事の概要、配達中のトラブル対処などをまとめたものです。

動画を見てわからないことや疑問があっても、後のスタッフさんとの会話で質問して解消することが出来るので安心してください。

配達用アプリのインストール

配達パートナー用のスマホアプリ「Uber Driver」をインストールします。iPhone、Android共に対応しています。”uber driver” をキーワードにアプリを検索すれば見つけることが出来ます。

自宅などで事前にインストールしておくと、よりスムーズに進められるでしょう。

このアプリは今後の配達業務全般に使用する必須アイテムです。配達の受注操作や完了操作は勿論のこと、配達記録や収入の推移を参照する機能なども備わっています。

アプリをインストールしたら登録済みのアカウントでログインし、支払い方法の設定画面に進み銀行口座を登録します。登録内容をスタッフさんに確認してもらい設定完了です。

この辺りの手順は担当のスタッフさんと一緒に対話しながら進めていきます。

わからないことや疑問があればここで聞いておきましょう。

私は自転車と原付バイクではどちらが人気かとか、想定されるトラブルへの対応について気になるところを質問しました。いずれもすんなりと答えて頂けました。

配達用バッグを受け取る

スタッフさんとのお話がひと段落したところで配達用のバッグが支給されます。

新品の状態では折りたたまれているため組み立て方をレクチャーしてもらいます。この配達用バッグは容量が大きく、組み立てた状態では電車に乗りづらいかもしれません。

一度組み立ててしまえば折りたたむ機会はあまりないと聞きます。バッグは公式のものでありデポジットも設定されているため無くさないようにと説明を受けました。

あとはバッグを持ち帰るだけです。それにやる気があれば当日の帰りに配達を開始することだって出来ます。

これで、好きなときに副収入を稼ぐことが出来るようになったのだと考えるとワクワクしてきませんか?

おわりに

この記事ではUber Eatsの配達パートナーに登録する流れをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

早速、登録してみようと思いましたか?

この記事ではなるべく細かく解説したのですが、実際には手探りで進めても登録完了できると思います。私はほぼ手探りで進めましたが問題ありませんでした。

終始、サイト上の指示やメールに記載された手順に沿って進められます。タイミングにもよりますが、手続きがスムーズに進めば一両日中にお仕事を始めることも可能です。

簡単に登録できることはわかったけれど、実際にどれくらい稼げるのか疑問だったり体力的に続けられるかなど不安に思うことがあるかもしれません。

私も始める前はわからないことばかりでしたが、始めてみてから考えようというスタンスでお仕事を始めました。始めた結果、収入や体力面でのバランスに納得の行く範囲で継続できています。

どれくらい稼げるのか、体力的に続けられるかといった、多くの方が疑問を持ちそうなことについても他の記事でご紹介したいと思います。

何か新しいことを始めてみたい気持ちがあれば、配達パートナーのお仕事はいいチャンスだと思います。簡単な登録でまずは数回配達をしてみてはいかがでしょうか。

配達パートナーのお仕事があなたの生活をより潤いのあるものにすることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です