【現役配達パートナーが解説】Uber Eats配送業の時給換算の収入はどれくらい?

近年は多くの企業で副業が認められ、会社員の方も副業でできるバイトに興味を持つ機会が増えたのではないでしょうか。

私は会社員として働く傍ら、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをして副収入を稼いでいます。

街を歩いていて、Uber Eatsのロゴつきバッグを背負って自転車やバイクで移動している人を見かけませんか?その人達がUber Eatsの配達パートナーです。

地方都市ではまだ知名度が高くないサービスかもしれません。それは現状、東京や神奈川、大阪などの一部地域に限定してサービスを提供しているためです。

ですが、これからもサービスエリアを順次拡大していくそうなので、あなたが住む地域にもUber Eatsがやってくるかもしれません。

実は、配達パートナーには誰でも比較的簡単になることが出来ます。Uber Eatsの配達パートナーは、社員ではなく一般から集められた人達です。

それを聞いて私もやってみようかな?と考えている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では配送パートナーをやってみようかな?と考えている人が最も気になるであろう「収入」や「時給」などを解説をしていきます。

ウーバーイーツ(Uber Eats)配達パートナーの収入を解説

配達パートナーでどれくらい稼げるのか。その金額を目安に、初めてもいいか判断することと思います。

そこで、大体の収入について、まずは私の場合を例にしてご紹介します。

収入に関しては書くことが多くなるため、次項から細かく見出しを区切って詳しく解説していきます。

私の実績としての収入

Uber Eatsの配達パートナーの収入は実は個人差がとても大きいものです。

私の場合に限って言えば、時給に換算して都心部のコンビニで夜間アルバイトとして働くくらいの収入になりました。

この金額を魅力的だと思いましたか?それとも、もっと高ければ始めてみたいと思いましたか?

補足ですが、私は東京23区内でも外れのほうで配達をしているため、都心部で稼動する配達パートナーに比べて低い収入になりがちです。

ここで言う都心部とは、港区、千代田区、渋谷区、新宿区など、東京23区のなかでも飲食店が集中しているエリアを指します。

飲食店やお客様が多いほど注文が増えて効率的に稼げるので、環境や働き方次第では私の実績を大きく上回ることが出来る筈です。

具体的な収入の計算方法や収入アップのための効率化については、後の項で詳しく解説します。

収入アップの具体的な効率化を知って、自分なら時給換算でどれだけ稼げるかという疑問を解消するヒントになればうれしく思います!

収入の計算方法

この記事では時給どれくらいの収入が見込めるかをテーマに解説してきました。

実際には配達パートナーの収入は時給制ではありません。そのため、稼げる金額は実際に稼動してみて収入を稼働時間で割り算して初めてわかります。

また、いわゆる歩合制ですので安定収入とは言えません

しかしながら、実績を重ねるうちに大体の収入を想定できるようになります。

収入の計算式は以下の通りです(配達パートナー向けの公式サイトを参考)。

(1)基本料金 × (2)ブースト + (3)特別キャンペーン[不定期] – (4)サービス手数料 35%

(1)基本料金の内訳は、以下の通り。
(a) 受け取り料金: 300円
(b) 受け渡し料金: 170円
(c) 例えば、1回の配達を完了すると (配達距離 2km):
300 + 170 + 150 x 2 = 770円

ブースト

ブースト」とは需要の多い時間帯/エリアの飲食店から配達すると通常の収入に報酬が上乗せされる仕組みです。

食事をピックアップする飲食店の場所がブースト対象エリアに位置する場合、ブーストが適用されます。

経験上、1.1倍~1.2倍がよく見るブーストですが、1.6倍など高いブーストもあります。

例えば、ブースト率が1.2倍のエリアに位置する飲食店から配達を実施すると、基本料金に1.2が掛算されます。

特別キャンペーン(不定期)

特別なキャンペーンが開催される際は、メールや配達用アプリに通知が来ます。

例えば、○日の17時~22時の間に、4回配達完了すると400円、8回配達完了すると1,200円、24回配達完了すると2,400円がボーナスとして支払われるといった内容です。

クエストと呼ばれることもあり、ちょっとしたゲーム感覚で効率よく回数をこなして追加収入を得ることが出来る仕組みです。

私は、ある日3回で配達を終わろうとしていたタイミングでキャンペーンに気付いたことがあります。

もう1回配達して4回完了させ、小額ですがボーナスを獲得することが出来ました。時間と体力がある日にキャンペーンが開催されたなら、チャレンジは積極的に狙ってみて良いと思います。

サービス手数料

上記の金額からUber Eatsの手数料が天引きされた額が収入になります。

配達用アプリを利用できることや、配達中に困った際に助けてくれるサポートセンターの完備など、恩恵にあずかるところは多いため個人的には高いとは思いません。

収入アップのためのヒント

配達パートナーとして、より効率的に稼ぐには何を意識すればいいのでしょうか。この項では、収入アップのためのヒントを思いつく限り記します。

  • a.注文が多いエリアで配達を行う
  • b.注文が多い時間帯に配達を行う
  • c.ブーストが発生しているエリアのお店から配達する
  • d.悪天候の日に配達する

a.注文が多いエリアで配達を行う

前述しましたとおり、私は東京23区でも外れのほうで配達しているため、都心部と比較して収入が低くなりやすいと言えます。

私が稼動する地域では飲食店の数が都心部と比較して少ないため、収入にはならない飲食店までの移動距離が長くなりがちです。原付バイクで10分を超える移動距離も珍しくありません。

港区、千代田区、渋谷区、新宿区など、東京23区のなかでも飲食店が集中している地域で配達すれば、収入が上がると言われています。飲食店とお客様の数が多く密集しているほど配達が効率化します。

なぜなら注文数が多くなり、配達完了から次の配達注文が入るまでの待機時間が短くなると考えられるからです。

また、注文を受けた地点からお店までの距離も郊外エリアと比較して短くなるので、無給での移動が少なくなると想定されます。

Uber Eatsジャパンのサービス開始から2年ほどになります。

その間、Uber Eatsは様々なプロモーション(特典)を企画して対応店舗を増やし、配達パートナーを増強してきました。

現在でもサポートセンターに行くといつも新規登録の希望者で賑わっており、配達パートナーは増え続けています。

b.注文が多い時間帯に配達を行う

食事が求められる時間帯には当然注文が集中します。

注文が集中する時間帯は、ランチ(11時~14時頃)、ディナー(18時~21時頃)です。需要は低くなりますが、モーニングや軽食として配達する場合もあります。

私は地理的に待ち時間が発生しやすい分、時間帯には気をつけています。

試しに、閑散期(15時~16時頃)と思われる時間帯に配達用アプリをオンラインにしてみたことがあり、その日はたまたまかもしれませんが、30分待っても注文が入りませんでした。

a+b.エリアと時間帯を意識して配達を行う

時間帯によって注文が集中するエリアが遷移することも考えられます。

例えば、ランチの時間帯には都心に圧倒的な人口が集中します。逆に夜遅くになると、都心からは一気に人が引きますよね。

ピックアップ先である飲食店の場所は物理的に移動しませんが、お客様が注文する場所によって、注文が入る飲食店のエリアは多少変動すると考えられます。

c.ブーストが発生しているエリアのお店から配達する

ブーストは注文が集中するエリアと時間帯に発生します。基本料金が底上げされるのでこの制度を使わない手は無いでしょう。

ブースト発生予定のエリアと時間帯は前日~数日前までに配達用アプリ上で確認することが出来ます。効率を特に意識する配達パートナーの中にはブースト発生時のみ稼動するという人もいるようです。

それほど重要な要素なのですが、残念ながら私が主に稼動するエリアには滅多に現れません・・・。

d.悪天候の日に配達する

雨の日には稼動する配達パートナーの数がぐっと減ります。雨天なら自転車やオートバイでの配達を見送ろうと考える配達パートナーが多いです。

雨の日は競合がいなくなるのでその分時間効率が上がって収入を増やしやすいです。

配送員の中には雨の日でも比較的配達しやすい屋根つきの配達用バイクを所有している人もいます。競合が少ない雨の日を中心に活動するという作戦もあると思います。

私も小雨の日に何度か配達しました。

一度、台風の影響で風がとても強い日があり、その日はひっきりなしに注文が入ったことを覚えています。お客様からも感謝されました。

しかしながら、風に煽られてヒヤッとした瞬間もありましたし、悪天候の際は安全を確保できる前提で稼動するようにした方が良いですね。

天候によって働くか働かないか決められるところはこの仕事の大きな利点です。急に雨が降ってきて辛くなった場合は、新規の注文をストップして仕事を終えることが出来ます。

私は雨よりも直射日光が苦手なので、曇りの日や夜間を中心に稼動することで身体的な負担を軽くしています。

Uber Eatsの配送パートナーは簡単に始められる?

Uber Eatsの配送パートナーは身分証明と少しのやる気があれば簡単に始めることが出来ます。

私も始めようと決めてからたったの二日で配達を開始することが出来ました。その際に行った手順は大きく二つです。

I.公式ウェブサイトから登録して、本人確認書類等を提出
II.各地のサポートセンターで説明を聞き、配達用のバッグを受け取る

登録に関してはたったこれだけです。

ウェブサイトからの登録はプロフィール用の自撮りを含め、小一時間で終わりました。

サポートセンターではタブレットで説明動画を見たりスタッフさんから説明を受けたりするのですが、こちらも1時間程度でした。

サポートセンターに行く時間がどうしても取れないとか、ワケありで身分証明を出しづらいなど、余程のことが無ければ簡単に登録完了出来ます。

とはいえ、実際どのように進めていくか知りたい方もいると思います。具体的な登録イメージについては長くなりますので、また別の記事で詳しくお伝えしたいと思います。

おわりに

如何でしたでしょうか。この記事では、Uber Eatsの配達パートナーの収入について所感を添えて解説しました。

これからパートナーとして働こうとしている方は、収入のイメージはわきましたか?既に活躍している方も、面白く感じるところはありましたでしょうか?

私の収入は都心部のパートナーと比較して低いと書きましたが、近所で好きな時間に働けることに満足しているため、今後も楽しんで続けて行きたいと思っています。

配達パートナーの数が増え、サービスが拡大し続けた結果、今後の収入がどのようになっていくのか。私はとても興味があります。

今後は、需要と供給のバランスを見て、お客様、飲食店、配達パートナーがともにある程度の満足を得られるサービス基準を満たしたまま継続していくことが重要になると思っています。

皆さまの配達パートナー、あるいはお客様や飲食店としてのUber Eatsライフが快適であることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です